カテゴリ:写真・カメラのこと( 3 )

100年前のロシアが総天然色写真で…

「hayatoの風まかせ」さんのブロクで情報をいただき見させてもらいました。

グーグルのイメージ検索をすると出るわ出るわ。↓(興味ある方はコピペで開いてみてください。最近ググル重いので直リンは気が引けて)
http://images.google.co.jp/images?q=Sergei+Mikhailovich+Prokudin-Gorskii+&hl=ja&lr=&start=0&sa=N&filter=0

百年前もカラーの世界だったんだ~と不思議な感覚に陥ります。
普通は白黒の記録しか残ってませんからね。
からくりとしては、光の三原色で撮ったものを組み合わせたと言う…なるほど!その手があったかとまた感動。

それにしても、今はカラーで記録残すのが普通ですが、このロシアの写真は同じカラーでもえらく豊かな鮮やかさだと感じます。工業製品ばかりの世の中は灰色に見えるのだな~。。
逆に現代の風景をモノクロで撮った方が豊かに見える気がするのは、これ如何に…
現代社会の現実が受け入れがたいから?!

ともかく、100年前のロシアの写真たちは、私たちの豊かさって一体…って考えたくなるようなものです。。

下はわが自宅…
a0028284_157305.jpg

[PR]
by jerusalem1 | 2005-01-09 23:16 | 写真・カメラのこと

トルネード

a0028284_105035.jpg
このトルネード電車は、JRQ州が速さを追求し新型で、目の前を通過すると、このようにねじれて見えます…というのはもちろんウソです。
デジカメの問題の画像です。写真は真実を写し取る、とは言えないしろものですな~
このカメラで、動くものを撮る時は、「流し撮り」で行くしかないようです。
さらに、このカメラは、シャッター押してから実際の場面を撮るまで、「1秒」とも思えるタイムラグがあるので、動く被写体を画面中央に収めるのが大変でした。
「流し撮り」で、この問題も解決しましょう。うんうん。(言うは易し)

ここ数日、アメリカTVドラマの「24」に、はまりっぱなし。
今日は、レンタル半額デーなので、まとめて借りてこようということに。
しかし、わが妻は、見出したら止まらない性格なので、毎日4話”しか”見ないとお約束させました。
寝不足は、翌日にもろもろ響く!
しかし、この「24」、まさに「トルネード」のように、見るものを引き込みますな~
[PR]
by jerusalem1 | 2004-06-23 10:51 | 写真・カメラのこと

こんなデジカメで撮ってます

a0028284_194931.jpgHITACHIの200万画素です。
友人に「携帯買え」と言われてしまいました。
しかし、値段が安かった。コジマで9800円。
200万画素カメラの携帯はこの値段では買えましぇん。
そして、内臓メモリー16MB。
その上、小さい。9×5×3.5cm。まぁ、携帯よりはでかいですが。

ただし、車など、速く動いているものを撮ると、画像がゆがむ。そのうち、お見せします。これが、意外とおもしろいのだ。

ところで、このHITACHIの画を撮っているのは、11万画素の携帯電話。
遜色ないね~
この画面の大きさで、近接撮影は、こっちの方が得意かも。
[PR]
by jerusalem1 | 2004-06-18 19:50 | 写真・カメラのこと