古い建物探訪(門司港2005.7)

a0028284_23411458.jpg

古い建物探訪が、夫婦共通の趣味でございます。

昨日の北九州市門司港駅です。大正年間に建てられて未だ現役。
当時は、関門連絡船や外国航路ターミナルである門司港の船客乗り場と一体になっていました。
駅改札横の現存する地下道入り口から国道をくぐれば、そこは船乗り場という、ほんとに便利なつくりだったのです。
今の空港アクセスなどを考えると、とっても羨ましい機能性、そしてなお、建築美を備えていました。

しかし、今は外国船客検査待合場(1号上屋)の方は、駅前にきれいに立ち並ぶ他のレトロ建築をよそに、すっかり忘れ去られています。↓
a0028284_064534.jpg
かつてのトンネル機能を復活させて、一体的に整備することは、観光化に役立つと思いますよ。北九州市さん。考えてみれば、駅舎と船客待合場は夫婦のようなもの。なのに、この落差はどうですか。
それに、この1号上屋の目と鼻の先には、市肝いりの「海峡ドラマシップ」があるわけですから。
今話題の海上保安庁(7管)のバイク置き場にするのはもったいない、もったいない~。
[PR]
by jerusalem1 | 2005-07-19 00:10 | 風景
<< 古い建物探訪(下関2005.7) 九州男児はブロンコ・ビリーだ >>