100年前のロシアが総天然色写真で…

「hayatoの風まかせ」さんのブロクで情報をいただき見させてもらいました。

グーグルのイメージ検索をすると出るわ出るわ。↓(興味ある方はコピペで開いてみてください。最近ググル重いので直リンは気が引けて)
http://images.google.co.jp/images?q=Sergei+Mikhailovich+Prokudin-Gorskii+&hl=ja&lr=&start=0&sa=N&filter=0

百年前もカラーの世界だったんだ~と不思議な感覚に陥ります。
普通は白黒の記録しか残ってませんからね。
からくりとしては、光の三原色で撮ったものを組み合わせたと言う…なるほど!その手があったかとまた感動。

それにしても、今はカラーで記録残すのが普通ですが、このロシアの写真は同じカラーでもえらく豊かな鮮やかさだと感じます。工業製品ばかりの世の中は灰色に見えるのだな~。。
逆に現代の風景をモノクロで撮った方が豊かに見える気がするのは、これ如何に…
現代社会の現実が受け入れがたいから?!

ともかく、100年前のロシアの写真たちは、私たちの豊かさって一体…って考えたくなるようなものです。。

下はわが自宅…
a0028284_157305.jpg

[PR]
by jerusalem1 | 2005-01-09 23:16 | 写真・カメラのこと
<< 苔玉 正月気分が薄れるとともに… >>